倍率が高くても掲載期間が長い看護師求人には気をつける理由

hello_w

看護師求人の倍率の高さは安易にオススメ求人とは言えません

求人に応募して、、、、

その結果を待つ時間不安になりますよね。

ある程度目安はあるものの、

企業や病院側がこの期間をコントロールしていることもあり。。。

悩ましいところです・・・

そんな時に工夫できるポイントをいくつかご紹介します。

看護師応募掲載期間と応募倍率の両方をチェックするのがポイント

過去に数回か就活経験があるひとでも。

毎回、転職には労力がいります。

あなたも例外では無いと思います。

転職サイトであれば、登録後に面談ハローワークであれば、相談窓口を大いに活用することをオススメします。

その理由は

窓口では、応募状況を教えてくれるので、ここで倍率が高いか低いか分かります。

それともうひとつ重要なことは求人票が出てから、経過日数です。

日数が経過しているのに、応募の全体人数が少ないところは、基本的に応募しない方が良い可能性がたかまります。

応募しても就職を辞めた、人が足りない状態がながびいている可能性があるからです。安易に応募倍率がひくい求人を選ぶと、

「倍率低いから書類通過するかも」と思ったら、すぐ病院に面接に来いと言われ、

求人票の内容と違う内容で契約させられそうになる

その会社は、その後もしょっちゅう募集をかけるという状態かもしれません。

何回も募集をかけているようなところも要注意ですよね。

それと同様に転職サイトの情報もエージェントや担当者を通して、求人の流れや人の出入りを確認する事が重要となってきます。

また、家族や友達への相談もした方がよいです。思わぬところで、応募しようとする会社の情報が入ってくることもあるのです。ハローワークや求人情報誌、またインターネットで情報収集を上手に駆使して、就活を成功させたいですよね。

ハローワークのデメリットは転職サイト『同時並行』でカバーする

building_hellowork病院や勤務先を辞めてから就活をしている時に「一日でも早く決めたい」と思いますよね。

でも、ハローワーク等で就活をしていると、なかなか前に進まないことがあります。

なぜならば、ハローワークは求人に対して同時にできる応募数が3件ほどと決められています。

そして、多くの場合が書類選考があります。

おどろき

書類選考は履歴書を送ってから、面接までいくか不採用かの通知が、後から送付されるのですが、この結果待ちは結構時間をかける企業や病院が多いです。

私は看護師としてブランクから復帰した過去の経験からすると、早くて1週間ほど、そして、最も遅かったところが1か月でした。

1か月待ちだったところは、こちらから問い合わせをしました。そしたら返事は「あ~、すみません。残念ながら不採用です」と軽く言われました。

結局、書類を送るのを忘れていたようです。こちらは、真剣に求職しているのに、なんだか腹立たしい出来事でした。1か月を無駄に過ごしてしまった気がします。このようなことは、周囲にもよく聞く話なのですが、あまりにも返事が遅い会社には確認してみるのも必要だと実感しました。

全ての病院や企業がこの様な対応をするわけではありませんが、同時平行で複数の案件を進めるのは大切な手段でもあります。

失敗しない転職活動には『同時平行』というアプローチも大切になりそうです。

 

看護師求人を全国のハローワークで探す

看護師求人 x ハローワーク ⇒ search_ss

自宅から最寄りのハローワークは? >> ハローワークの全国所在地一覧

自宅からハローワークまでの距離や時間は? >> Google MAPの乗り換え + ルート案内

看護師求人をハローワークを利用して探してみようかなと思っている方も多いかと思います。そこでハローワークで看護師求人を探す方法や特徴をご紹介します。

ハローワーク

ハローワークで見つかる看護師求人情報の3つの探し方

ハローワークで見つける事ができる求人案件は当然の事ながらハローワークに求人情報を登録している病院や事業者です。そしてその求人情報の検索方法ですが、

  1. インターネット上で検索をする
  2. ハローワークの検索端末で調べる
  3. ハローワークの窓口で相談する

の3パターンがあります。大きく分けますとハローワーク以外の場所で情報を集めるか、ハローワーク事業所まで赴いて調べるかの2種類になります。しかし折角見つけた求人情報が紹介状が必要かどうかといったこと等を確認しなければなりませんので結局ハローワークに行くことになるというケースが多いかと思います。

ハローワークが空いている時間帯に行きたい

ハローワークの営業時間は概ね役所関係と似た所が多いというのが特徴です。お昼休みがあるというところも多く12時~13時まではランチタイムといったところもすくなくありませんので事前にチェックしていくといいでしょう。

お昼休みの時間帯は窓口がストップしてしまいますので、その1時間さらに待つ事になります。混み具合や地域にもよるとは思いますが、都心部では待合室も少し狭く来場者が多いと結構待ち時間が苦痛となります。

できれば空いている時間帯にいきたいものです。オススメの時間帯は

  • ハローワークが営業を開始した直後の時間帯
  • その後は一旦待ちが多くできてしまう。。。
  • 昼休みが終わって職員の数が戻る時間帯の13時直後辺
  • 15時辺にもう一度落ちつく

という感じでしょうか。ハローワークの混雑具合はその場所での違いもあるとは思いますが何回か通う間にその事業所での空いている時間をできるだけチェックしておくというのもいいでしょう。

ハローワークの検索端末も混雑している事も多く、窓口相談になりますと1時間以上も待たされるという可能性もありますので、何か時間を潰せるものを持っていったほうがいいかもしれません。

ハローワークのデメリットの一つは営業時間帯

ハローワークのデメリットは紹介状や求人案件の相談に何回か事業所まで行く労力がかかる事です。平日勤務をしながらという場合、事業所の営業時間が合わないくて通いづらいという人もすくなくありません。

事業所によっては、土曜日、休日や夜遅くまで営業しているハローワークもありますのでアクセスが不便でなければそのような場所を選ぶのもいいかもしれません。しかし全体の割合的にはかなり少ないのが現状です。

営業時間が特別なハローワークは都心部に多く、実際に最寄りのハローワークがどれほどの営業時間で運営されているかという点がポイントとなりますが調べてみるのもいいかもしれません。

多くの人は一般的な平日の9時前後~17時の時間帯を選ぶ事になりそうです。

特殊なハローワークに行ってみるのも

営業時間も特別なハローワークがありますが、子育てや母親向けのマザーズハローワークや35歳以下の若者中心として情報提供をしているわかものハローワークといったハローワークもあります。

特に看護師の子育てとの両立、シングルマザーならではの仕事の悩み、短時間勤務が出来る場所といった相談も合わせてすると良い情報が得られるかもしれません。

ハローワークの所在地と転職活動の流れ

  ハローワークを探す ⇒ 全国のハローワークの所在案内

hero00

ハローワークの事業所の数は人口や都市の大きさにより数に差があります。ハローワークの場所や営業時間を調べるには、厚生労働省のホームページの一覧がわかりやすく都道府県別で効率的に最寄りのハローワークを見つける事ができます。

営業時間は8:30前後~17:15前後(平日)といった時間帯が多い様です。その他にも都市部では休日や遅くまで営業しているところもありますので、お住まいの住所等によっては利用の幅が広がります。

ハローワークの役割

インターネットが普及してきた昨今では民間の人材紹介会社も数多くできましたが、最も古くからあるベーシックな転職活動の一つとしてハローワークを活用することは今でもとても有効です。

ここではハローワークを利用する流れと全国のハローワークの所在地や営業時間をご紹介します。

ハローワークの役割は大きく分類すると

  • 就職活動のサポート
  • 雇用保険の給付

とこの2つになります。

以下はハローワークでの就職活動の流れを簡単にご紹介します。雇用給付金の試算値なども当サイトで記事にしています。

求職申込

hero01ハローワークでの就職活動サポートサービスを受けるにはまず各事業所に行き、ハローワークにご自身の希望や条件を登録する必要があります。

この登録条件を記入する用紙を『求職申込書』と言います。登録が完了すると『ハローワークカード』が受け取れます。

ハローワークへの登録は初回のみで、次回からはそのカードを提示することで自分のデータを引き出し相談に乗ってもらえます。

下へ_s

 

求人情報を探す

hero02ハローワークへの登録が済みましたら、求人情報を探します。ハローワークでは最寄りのエリアだけではなく、近隣のハローワークの情報も引き出す事ができます。

しかし逆に言えば全国の求人を調べるて紹介してくれるわけではありません。引っ越し等で遠方へ拠点を移す場合はやはり人材紹介会社といった求人サイトを利用する方がいいかもしれません。

求人は順番を待ち窓口で希望に見合う求人情報を紹介してもらうか、若しくはハローワーク内にあるパソコンからも検索が可能です。

下へ_s

 

応募先へ紹介してもらう

ハローワークで見つかった求人情報を閲覧しあとは自分で直接応募するという訳ではありません。希望の求人情報が見つかれば、ハローワークから応募の意思を伝えてくれます。応募書類に同封する若しくは面接に持参する『紹介状』を発行してもらいましょう。

下へ_s

 

応募先で面接を受ける

面接基本的には紹介まではハローワークがしてくれますが、応募先での面接の日時設定等は求職者と応募先の企業が個別に直接行うということがほとんどです。

下へ_s

 

採否が決定する

応募先の企業から採否が個別に求職者に連絡が来ます。雇用保険を受給する場合等は受給できるかの大切な判断基準ともなりますので、採否が決まればハローワークに報告するようにしましょう。