ゴールデンウィーク中のオススメ看護師求人

ゴールデンウィーク

ゴールデンウィーク中だからこそ働きやすい看護師求人のの探し方についてご紹介します。

GWといえば誰もが休みたい時期ではありますが、だからこそ探しやすい看護師求人も少なくありません。というのも他の人が休みたいと思う時期だからこそ労働力が必要になるからですね。

ゴールデンウィーク中の病院や訪問看護の看護師求人

病院診療所やクリニックであれば連休をとりやすい病院もあるかもしれませんが、病棟勤務があるとなかなか休めない事情もありますよね。そんな勤務地に期間限定、しかもゴールデンウィーク中に働いてくれるとなれば、雇用側もかなり助かります。

しかし皆んなこの時期は休みたいとなりますと、人が集まりにくいという求人事情もあります。

普段よりも時給、日給などの給与を高めに設定している職場も多くあります。職場の働きやすさはもちろん重要ですが、短い期間で見定めるのは容易ではありませんので、求人広告に記載されている給与設定に注目してみましょう。

短期で働き易いイベントナースやツアーナースがオススメ

ツアーナースゴールデンウィークに休む人の連休数の平均は5日前後が最も多いお休みの期間だそうです。人によってはもっと長めに休暇をとり、二週間前後も休みをとるという方もいますよね。

日本ではこれだけ長めのお休みをとれるのは、お正月とゴールデンウイークしかない…と旅行やツアーなどに出かける人や、各地でのイベントも多くなります。

また、学生であれば部活動の合宿といった事ができるのもこの時期の特徴です。日本のGWについて長々と書きましたが、旅行者が増えれば旅行系付き添い業務のツアーナースの需要が増えますし、各地で開催されるイベントに対してはイベントナースの待機業務求人案件が増えます。

これらの求人案件は元々長期で同じ案件に携わる事がありませんので、ゴールデンウイークの様な二週間前後の時間を有効に活用しようとする時にもメリットが大きい看護師求人です。

実際にゴールデンウイーク中の看護師求人を探してみると

看護師求人を探す実際にゴールデンウイーク中の看護師求人を探してみますと、上記の様なツアーナースやイベントナース案件も多いのですが人気のある求人案件はすぐに埋まってしまう傾向があります。また求人サイトによっては短期の看護師求人を全く扱わない求人サイトもありますので注意が必要です。

短期の求人案件を探すのに便利なサイトでは、ナースパワーやメディカルコンシェルジュが有名です。求人が減る前のゴールデンウィーク前に求人案件をチェックしておく事がPOINTとなりそうです。

 

うつ病看護師が仕事復帰するための看護師求人

  うつ病 x 仕事復帰 ⇒ 短期の仕事からステップアップ

理由は様々ですが、心の病にかかり仕事への復帰のタイミングや自信がなくなってしまう看護師さんは少なくありません。うつ病を患っている事を正直に話すと採否にも関わりますのでそれを正直に伝えるのも簡単ではないでしょう。

うつ病になってしまった時の看護師としてのヒントとして体験談があります。

かなしい

数年ほど前に、心療内科で「うつ状態」という診断をくだされ、そこからうつ克服のための戦いが始まりました。うつになってしまった原因はいまだによくわかりません。たぶん、いろいろなことに対して、自分が自分自身を追い込んでいたからではないかと思います。
うつの克服のために、医者にはこう言われました。「薬を飲めば治りますよ」
うつってどこかに痛みがあるとかそういう病気ではなく、気分が落ち込んでしまうとか、いろいろ考えてしまって眠れないといった症状があります。確かに、薬を飲むと気分が落ち着いたり、夜眠れるようにはなったと思います。でも、治っているという実感がないのです。これは本当に苦しい。
診断がくだされてから、1年になりますが、いまだに薬を処方されています。出口が見えません。「明けない夜はない」と誰かの歌の歌詞にもありますが、本当にこの暗闇から抜け出せるのか、不安を感じている日々です。
でも、うつになって気づいたことがありました。自分にとって大切なものは何か。幸せって何か。確かに病気で苦しんでいるけど、自分には支えてくれる家族があるじゃないか、自分は一人じゃないんだ、って心から思えるようになりました。

少し元気が回復してきて、少しづつ働かなければという思いと働きたいという気持ちもでてきたのですが、また同じ様にうつ病に逆戻りしてしまえば直ぐに辞めてしまうことになって周りにも迷惑がとか考えていると勇気がでませんでした。

問題は長期的な仕事につけない事でした。看護師として短期の仕事って何があるのか、探してみたら病院でなくとも単発で働ける仕事が多くある事に気づきました。単発の求人情報は常に多くあるわけではありませんが、派遣人材紹介会社に登録する事で自分のペースで仕事を探す事ができました。

修学旅行についていったり、イベントの医務室に待機したりと1日~数日の仕事をこなすうちに気持ちも安定してきました。

長期的な仕事にも挑戦できる様になり、信じがたいことかもしれませんが、病気になる前よりも今は幸せを感じています。

勿論、病気を完治させてから職場復帰するに越した事はありませんが、心の病は境界線が曖昧なのも事実です。生活収入やリズムを取り戻すという意味とリスクを少なくするという2つの意味で単発の仕事から始めるというのは職場復帰には悪くはないアプローチです。

単発の仕事を探すには

看護師の最も短い仕事は登録制で『1日~』という看護師求人があります。登録したからといって常に仕事をこなさなければならないという訳ではなく、自分の好きな時に好きなスケジュールで仕事を撰ぶ事ができます。単発派遣の内容はイベントナースやツアーナースといって、医務室待機、ツアー等の旅行への同行業務が中心です。

search1 この様な看護師単発の仕事を探すのにはMC─ナースネット(メディカル・コンシェルジュ)がオススメです。

イベントナースやツアーナースの時給のと給与の平均値

イベントナースとツアーナースの給与

  イベントナース x 給与 ⇒ 日給 or 時給

1日単位~数日単位で勤務が可能なイベントナースの派遣アルバイト。単発や短期で勤務したいという人にとってはとても便利な働き方の1つでもありますが、その給与の条件は日給と時給があります。月給というケースは殆どない様です。と言いますか、月給になってしまえば短期や単発とは言い難いですよね。

イベントナースやツアーナースの給与は日給が多い

イベントナースやツアーナース給与の平均値を調べてみますと、大体1000円~2000円というアバウトな数値がでてきます。そこで実際はどうなのかとい事を調べてみました。

実際に募集が告知されているイベントナースの募集広告から、その時給を計算したいと思います。今回サンプルとしたのは合計21件のツアーナースやイベントナースの求人募集広告案件です。

【ツアーナースとイベントナースの求人募集広告の参考値】

給与参考値 件数 時給換算 日給換算
日給12000円 15件 \1,500 -
日給13000円 3件 \1,625 -
時給1800円 1件 - \14,400
時給1500円 1件 - \12,000
時給1350円 1件 - \10,800
平均額 21件 \1,525 \12,200

給与の形態としては、前述の通り日給か若しくは時給になるわけですが圧倒的に多いのが日給での支払い形式でした。その理由はたまたま修学旅行の求人案件が多い時期だったという理由もありますが、そもそも修学旅行の様な求人は時給の換算方式で給与を計算しづらいというのが理由だと思います。

というのも例えば、修学旅行への同行業務だったとすると勤務する日が3日間だったり4日間だったりします。修学旅行先にまさか毎回自宅から出勤する訳ではありませんので、拘束時間はある意味『24時間 x 依頼日程期間』となります。修学旅行を例にしているので依頼期間と言えば、3~4日前後が最も多い期間日程です。

この期間内の全ての時間を時給換算するわけにはいかないので、日給での換算が殆どとなる理由の1つかもしれません。

ツアーナースやイベントナースの給与の平均値

参考値が少なくて申し訳無いのですが、

上記の参考件数、21件をまとめますと、

  • 時給 ⇒ 1525円
  • 日給 ⇒ 12200円

となりました。さすがに常勤正社員のボーナスを含む看護師の時給や、単発の夜勤勤務といった給与と比べると高給与とは言えないかもしれませんが、看護師として働く上での職場環境の新鮮さや看護師のアルバイト期間の仕事としてはかなりオススメです。イベントナースやツアーナースの求人はメディカルパソナで探すのがオススメです。