看護師求人、経験不問とはどこまでが不問なのか?

お 答 え

 

経験不問の求人はとりあえず申し込まなければ、その『経験不問』の部分が結局わからない。

 

求人をみるとよく経験不問という記載があります。勤務にかなりのブランクがあったり、未経験の診療科等に行くとなれば不安になり経験不問という単語がどれほどのものなのかと気になるのも自然な事だと思います。

しかし応募者数の数やその採用担当の採用スタンスによって経験不問という言葉がかなり変わった意味となります。何と言っても看護師という職業は経験が必ずモノを言う職業です。あらためて不問と記載されていましても、実際はどの程度かといった事かというところを確認する必要があります。

経験があるということに越したことが無いのは間違いのない事実ですが、病院や募集する側としてはとにかく募集し面接して良い人材を探したいという意図もあります。(とにかく人材不足で人が欲しいという場合もありますが…((汗)))

求職者の立場としては経験不問と記載されていれば、とにかく本当に大丈夫か?。。。と思ってしまいがちですが、これに対する方法は兎にも角にも応募してみて判断してもらうというのが何よりの解決策です。

行動してみて始めて『経験不問』の意味が明らかにという位が調度いいでしょう。

求人サイトやハローワークに掲載されている求人情報や雇用条件に嘘はあるんでしょうか?

お 答 え

 

公示されている求人情報が100%正しいという事はありませんので、できるだけ確認しながら就職活動を進めるしかありません。

 

公示されている情報が働き始めてからの条件と違ったという話はよく聞く話です。これは転職サイトや人材紹介サービスだけということではなく、ハローワークやeナースセンターを使用しても起こりうる事例です。

雇用条件が事前の説明と食い違ってしまうタイミングは

  • 雇用条件を事業主側が出す時点での説明不足
  • その情報を転載する時点での認識の食い違い
  • そもそも情報が古く最新情報ではない

といったこと等が考えられます。

求職者が就職するにあたり本当に必要な内容が事細かに記載されてればいいのですが、実際はそうもいかないケースもある様です。悪質なケースでは、何も言ってこなければ大丈夫だろうという事業者もあります。事前の雇用条件はできる限り詳細に確認し、書面での記録を残しておくことが大事かもしれません。

看護師の求人サイトはどこも無料?有料の会社はあるのか?

回答

求人サイトで有料という所は基本的にありませんし、見たこともありませんので、もし有料のサービスを持ちかけられる様であれば断る方が無難です。

求人サイトのお金の流れは入職者が決まるとそれに伴い求人サイトの運営側にお金が支払われるという仕組になっています。求職者本人にお金を要求するサービスは皆無といっていいほど見当たりません。

逆に言うと無料であるということはセールスポイントにあまりなりません。ハローワークや看護協会も無料です。転職サービスを選ぶ際には値段や価格で選ぶ意味は無いと言えます。

もしその様なサービスがあるとすれば悪質な可能性がかなりあります。その会社を利用しない事を強くオススメします。応募したい病院勤務先があれば直接応募という形を取ることもできますのでその様な形をとれば問題ないでしょう。