応援ナースをするにはどのお仕事紹介サイト会社が良い?

header_r3_c4応援ナースで仕事を探したいという場合は『ナースパワー』という人材紹介会社を利用するといいでしょう。

その理由をご説明します。

『応援ナース』と言えば一時的に看護師の労働力が不足した病院や施設に契約社員として一定期間、働きに行く事です。

人材紹介、または派遣を扱う、お仕事紹介会社は数多くあります。故に特にナースパワーを利用しなくても派遣社員や契約社員としてある病院に勤めに向かうことができます。しかしナースパワーはこの契約社員として勤務する上でのデメリットが他の会社と比べ最も少ない事です。

例えば、どこかの病院に派遣、として働きに行くときの最大のデメリットは今いる場所からの通勤圏内で求人を選択しなくてはならないという事です。つまり通勤できる範囲が決まっています。

今の生活の拠点の範囲内でもしそれ以外の求人募集に魅力を感じたとしても自分の生活拠点を移動させなくてはならないということでしょう。ナースパワーはこのデメリットを住居や赴任費用のサポートサービスを提供することで解消しています。

ナースパワーが派遣で働くときのデメリットを打ち消す理由

np_s例としては

  • 家電付きアパート完備
  • 引越し代赴任費用支給
  • 面接無し、書類審査のみ

といった経済的なサポートサービスが準備されているという事もあります。

もしもこの様な引越しにかかる赴任費用等を自分で全て賄うとなれば、短期間であればあるほど仕事を始めるための準備金が必要という事にもなり、派遣で働く事のメリットが薄れることにもなります。

この様なサポートが他の会社にも備わっていれば問題はないのですが、実際に調べてみると殆どありません。応援ナースの特徴は短期間で高収入ですが、その本来の働き方のメリットを失わずに働く事ができるという点がナースパワーを利用する上でのメリットとなります。

応援ナースには離島、沖縄、北海道、都市圏、オペ室と様々な場所での選択肢があります。全国的に求人案件がありますので一定期間働く、自分に合っている場所探してみるのもいいかもしれません。

病院を一旦辞めてから?働きながら?看護師職場探しはいつ始める?

金銭的にかなり余裕があるという場合やとにかくリフレッシュしたいという場合、子育てで一時引退をするという場合を除き、働きながら次に就職する病院を決めておくべきです。

転職活動は候補の病院をさがしたり、次の病院の下見をしたり、面接があったり、と何かとスケジュールを組むのが簡単ではありません。いつもと違う事を始めなければならず、中々の腰が上がらなかったりとしてしまいます。

その様な理由で一旦病院を辞めてから就職活動を始めようと思う人も少なくありません。しかしブランクが開くと、生活費、スキルの低下、採用率といった部分でデメリットがでてきますので工夫して働きなが転職活動を進めるのがポイントです。

働きながら転職活動をするポイント

  スマートフォン等の求人サイトの検索サービスを使い効率的に情報を得る

PCを使って情報を探すという方も多いかもしれませんが、通勤時間や休憩中の時間にパッと閲覧できるのが、スマートフォンでの検索です。スマートフォンでの情報量と使いやすさでは以下のページでご紹介しています。

スマートフォンで看護師求人検索しやすいオススメサイトランキング >>

 

  面接の日取りやスケジュール、履歴書の書き方を指南してくれるサービスを利用する

一人で活動していると意外と進まないのが、履歴書を書くといった事や、面接の申し込みといった部分です。もう入職を希望する病院や事業所は決まっているにも関わらずです。嫌な事は中々腰が上がりませんので面接の日取りや病院を辞める時期、結果がいつでるかといった事はコーディネーターに相談してある意味強制的に進めるというのも方法のひ一つです。

 

離職してからの転職活動のポイント

離職してからは転職支援金に着目して転職を進めるというのも方法です。例えばハローワークの失業保健や各求人サイトの転職支援金を受け取るといった方法も一つでしょう。

 

病院で働きながら転職活動をするべきか

子育てで退職をしたといった特別な場合を除き、働きながら転職活動をしたほが良いでしょう。一番の理由はブランクです。ブランクが開きます。ブランクが開きますと3つの意味でデメリットが起こります。

1つ目はその期間の生活費です。当然ブランク中の収入がなくなりますので出費がかかります。また生活費とともに交通費やそのたの出費も少なからずかかるので注意が必要です。

2つ目スキルの低下です。間が空けばスキルや現場での感覚が鈍ってきますので、働き始めるときに不安を感じるという人も少なくありません。

3つ目採用率です。無職の期間があるよりは無い方が採用側もスキル面を含めて採用しやすいといえるでしょう。

転職にかかる理想的な転職期間

3months

就職活動にかかる期間は理想的には3カ月位と言われています。理想的な期間は働きながら就職活動をした場合です。働かないで就職活動をした場合はさらに効率的に短期間で就職活動ができます。しかしそれでも1、2カ月といった期間を要するというケースを否定できるわけではありませんので、金銭的な計画を含め余裕をもった転職活動をするのが賢明でしょう。