気をつけたい2つの条件、看護師の残業と完全週休二日制とは

週休制いくら気をつけて求人を選びたいと思っていても実際に勤務してみないとわからないのが勤務条件でもありますが、看護師として次の勤務先となる病院や職場で安定を求めているからこそ、皆が気にするのは福利厚生です。

離職率、人材不足、ブラック企業やブラック病院等も話題となっている今だからこそ、その企業で長く働いていこうと考えているナースにとって、福利厚生が整っており、働き易い環境であることはとても重要なことです。

その福利厚生を見ていく上で、気を付けてみたいポイントをご紹介します。

 週休2日と完全週休2日の違い

週休二日“ 週休2日”、”完全週休2日”。

この言葉、全く同じようですが意味は全く違います。
多くの人が失敗をしたくちでこの話しも多く耳にします。

まず、「完全週休2日制」は、毎週2日の休みがあることを表します。
それに対し、「週休2日制」は、月に1回以上、必ず週2日の休みがあることを表します。それ以外の週は1日のみの休み、ということになります。
週休何日という記載と共に、年間休日数も合わせてチェックしましょう。
完全週休2日制の企業の年間休日は120日前後となることが多いようです。

気をつけるべき二番目の平均残業時間

残業「残業は平均1時間程度です」との記載がある企業や病院も多くあります。
これも注意が必要です。平均ということは全社員の残業時間で出しています。定時で帰る部署・深夜まで残業のある部署があり、その平均で出していることが多いです。
心配であれば、「遅い方でどれくらい残業がありますか?」と質問してみましょう。
気持ちよく、長く働ける場所は人間関係も良い場所が多く自分のライフワークバランスに与える影響も小さくありません。後悔の無い就職活動をして、良い企業を見つけて下さい。

 

短い勤務間隔の看護師求人を選ばない

  看護師 x 勤務間隔 ⇒ できるかぎり長く

短い勤務間隔

事前にシフトや勤務形式等全てを把握する事はできませんが、求人を探す時のポイントの1つとして勤務間隔があります。勤務間隔は看護師の求人情報でも深読みをしないとわかりづらい項目の1つです。

というのも当たり前ですが、シフトによる勤務間隔を事細かに記載してある求人広告は皆無です。あえてその勤務間隔を推測するとなると、勤務例やシフトとして記載されているものを参考にして算出しなければなりません。しかしそれでも勤務間隔を把握するにはまだ足りなく、他の項目にも注目しなくてはなりません。

注目するポイントとしては

  • 主なシフト形態とそのシフトの頻度
  • 残業の頻度
  • 通勤時間

の3つです。

主なシフト形態とそのシフトの頻度

看護師のライフワークバランスを考える上で、短い勤務間隔が問題になるのは夜勤を含む勤務形態がある24時間、365日のケアが必要な職場での勤務です。夜勤を含む勤務形態では二交代制シフトか三交代制シフトかという点が大きく影響します。

勤務間隔の時間が短くなりやすいのは3交替制のシフトを組んでいる勤務地が多い傾向にあります。それともう一つ考慮しておきたいのは、そのシフトの頻度です。

二交代制で勤務間隔が短くなりやすいのが『日勤から深夜勤』、三交代制で勤務時間間隔が短くなりやすいのが『準夜勤から日勤』というシフトのパターンです。看護協会の統計調査ではこの『日勤から深夜勤』というシフトは月に4回という施設が33.1%と最も多く約3分の1程にある事になります。

例えば、日勤が八時半から夕方五時までとなれば夜勤に出勤する日をまたいでの零時半まで、七時間半の間隔しか確保できない事にもなります。ヒヤリハットやライフワークバランスを保つために推奨される勤務時間間隔は11時間ですがそれよりもかなり短い勤務間隔になってしまいます。

残業の頻度

勤務間隔が短くなる原因は規定のシフトがどのような形態という事だけではなく、残業頻度と前残業頻度等も影響してきます。定時出勤や定時に帰る事できていれば、勤務から次の勤務までのシフトの間隔はその数字の通りになりますが、カルテの記録や事務整理が残業として常態化していればそれだけ普通のシフトが短い間隔になると考えてもおかしくありません。

要領が悪く慣れるまでの最初の期間にその様な事が起きるのであれば時間が経つごとに解消される問題でもありますが、ベテランの人までもがずっとその様な状態の職場であれば時間が解決できない環境とも言えるかもしれません。

通勤時間

3つ目に通勤時間ですが、通勤時間が片道15分と一時間かかる場合とでは片道で45分の差があります。中には通勤時間が車で一時間半かかるというところに勤めているという人もいますので、それだけで勤務間隔が3時間削られるという事にもなります。

これに残業や三交代勤務のシフトの無理が重なってきますと、当然家に帰ってからの気分転換というよりも睡眠時間を削るという事にもなりかねません。

通勤時間を短くする事ができる選択肢を探すという意味でも、隣接する都道府県でも求人を探すという事も考慮にいれて色々と探すのも良いと思います。

 

7対1の病院での看護師求人を探すには

sagasu

  7:1 x 病院 x 看護師求人 ⇒ ???

看護師として働きやすい職場の基準として、その病院の配置基準が7対1かどうかというのは重要です。『すぐに辞めたくならない看護師のワークライフバランス 』でもお伝えしましたが、看護師の数と仕事の総量の比率のバランスがとれていないと、残業をやもう得ずしなくてはならない環境が生じてしまう可能性もあります。

自分の時間と仕事の時間のバランスを保つ。仕事が忙ししすぎない職場でやりがいのある看護を実践するためにも7対1看護が実践されているかどうかという基準は実際に数値としてわかりやすい1つの指標にもなります。

7:1の看護師求人を探すには

7:1を実現したいのは何も看護師側からだけではなく、病院も7:1にできればしたいという施設も多くあります。しかし中々そうもいかない現状がある様で探すのも簡単ではありません。

7:1の看護師求人を探すには、自分の気に入った求人募集を順番にひとつひとつ7:1の看護が実践されているかという事をさがしていくという方法もありますが、もっと効率の良い方法もあります。

求人サイトによってはこの7:1の看護が実践されている看護師の求人募集のみのカテゴリーを作りそこの求人情報から7対1の配置基準の職場を効率よく探す事ができます。

求人サイト名 7:1看護師求人分けがある
ナースパワー X
ナースではたらこ X
ジョブデポ X
ナースフル X
マイナビ看護師 X
MCナースネット X
メディカル・プラネット X
ナース人材バンク X
なもナビ X
看護プロ X
MEDFit看護師*ナース X
ナースジョブ X
ウィズナース X
美容外科求人ガイド X
ナースコンシェルジュ X
メディカルNEXT X
医療人材ネット X
CBネット X

現時点看護師の求人サイトを19サイトでこの7:1の配置基準の求人案件をカテゴリー分けして調べる事ができるのがの1社となっています。今後他の求人サイトでも同じようなカテゴリー分けでの求人情報が閲覧できるようになるかもしれませんが、7:1とい条件で試しにさがしてみるのもいいかもしれません。