各種休暇制度で選ぶ看護師求人のチェック項目

  看護師 x 休暇 x 制度 ⇒ ワークライフバランス

育休

求人情報を見比べるポイントには給与や勤務形態等がありますが、もう一つ見逃せない点がワークライフバランスをとる休暇制度です。育児休暇や出産前後の休暇がとれるという職場は数多くありますがそのほかにも色々な種類の休暇があります。

以下がその一例になります。

看護師の休暇の例

  • 看護師の参考休暇例
  • 有給休暇または年次休暇
  • 結婚休暇
  • 産前産後休暇
  • 育児休暇
  • 配偶者出産休暇
  • ボランティア休暇
  • 病気休暇
  • 介護休暇
  • 服忌休暇

概ね休暇の種類がライフの部分に関わる、ボランティア休暇、結婚休暇というような休暇を備えている病院はワークライフバランスを取ることに意識が向いている職場と言えるかもしれません。

看護師のワークライフバランスを整える制度

勉強

  • 修学部分休業制度
  • 自己啓発等休業制度
  • 育児短時間勤務制度

人材不足やコスト削減といった病院や施設ですと、中々プラスで資格をとらせてくれる時間を確保するのが難しくクタクタになってとにかく休みたいという事が優先になってしまします。だからこそ何かの資格を取るときに仕事を休み時間をくれるというのはとても良いシステムです。

例えば助産師の資格をさらに取得したいという時にも自己啓発等休暇制度があれば仕事を完全にヤメずに助産師学校に進学することができたりします。一旦辞めてしまうのではなく学んでまた帰ってこれるという制度があるとモチベーションにもつながるそうです。

看護師が働ける場所から選ぶ求人と長期/短期/単発の種類

  看護師 x 転職 ⇒ 働ける場所から選んでみるという選択…

sagasu

サラリーマンであればオフィスや取引先。美容師であれば美容院。花屋であればお花屋さん。弁護士であれば裁判所か事務所。パイロットであれば空の上。。。と挙げればきりがないのですが、多くの職業は職種と働ける場所がある程度の範囲が限定されます。

しかし看護師はあらゆる職業の中でもかなり働ける場所の選択肢が多い職業とも言えます。病院や病棟ばかりではなく、健康や病気への不安や危険が伴う場所で様々な場所で働く事ができます。

需要の多い少ないや、勤務期間も短期勤務が多い、長期勤務が多い等の違いがありますのので単純に選択することはできないかもしれませんが一つの求職の視点としてもいいかもしれません。

場所 タイプ 勤務期間目安
一般病院 正職員/非常勤 長期
クリニック 正職員/非常勤 長期/短期/単発
ドクターヘリコプター 正職員 長期
空港 検疫官 長期
シップナース 長期
国内旅行の添乗 ツアーナース 単発
海外旅行の添乗 ツアーナース 単発
修学旅行の添乗 ツアーナース 単発
スポーツ合宿の添乗 ツアーナース 単発
一般企業 正社員 長期
コールセンター 正職員/非常勤 長期/短期
沖縄や離島 派遣/正職員 長期/短期
応援ナース 派遣 長期/短期
コンサートの医務室 イベントナース 単発
ライブの医務室 イベントナース 単発
フェスの医務室 イベントナース 単発
運動会の医務室 イベントナース 単発
スポーツ大会の医務室 イベントナース 単発
キャンプへの添乗 イベントナース 単発
訪問看護 正職員/非常勤 長期/短期/単発
介護保険施設 正職員/非常勤 長期/短期/単発
療養施設 正職員/非常勤 長期/短期/単発
看護師育成の機関 正職員/非常勤 長期
保育園や幼稚園 正職員/非常勤 長期
検診センター 正職員/非常勤 長期/短期/単発
学校法人 正職員/非常勤 長期
ホームヘルパー 正職員/非常勤 長期/短期/単発
献血ルーム、血液センター 正職員/非常勤 長期/短期/単発
ディズニーランド ナースキャスト 長期
リゾート地 派遣 長期/短期/単発
大学病院 正職員/非常勤 長期

他にももちろん色々な種類があったり勤務期間やタイプも豊富にあると思いますが、やはり看護師の働ける場所というのは様々です。

私立、公立、国立、大学病院、転職就職先はどこがいい?

私立、公立、国立、大学病院とありますが、いったい就職するとすればどこがいいのでしょうか?。。。

img

一見すると多くの人が私立よりも公立、公立の中でも国立の、、、大学病院が、、、魅力的と目標にしてしまうという人も少なくありません。これは前回の記事の『患者さまを大切にという病院の求人でも面接前に再確認』でも似たような内容ですが私立か公立か国立かといった内容はほんの外見でしかありません

人によっては国立の大学病院が転職先として合っているかもしれませんが、その人の求める環境やスキル、働きがいやその現場の職場環境が合わなければまた転職せざるを得ないということにもなりかねません。

自分の転職理由を再確認そして優先順位を

例えば、救命救急センターで役に立つような救急看護のスキルを学びたいと以前から思っていれば当然、私立か公立か国立かなどということは自分に将来を見据えた職場選びの基準の優先順位からは下がっていきます。また子育てや自分の時間を優先させて、他の事にも時間を割きたいといった場合も同様に違う選択肢をするということが大切になります。

takujisho

この様に特別、私立、公立、国立、大学病院といったカテゴリーに思い入れがなければほとんどの人は『私立、公立、国立』といったことは選択基準の優先順位としては下がるのではないでしょうか。

とはいうものの、選択基準は無数にあります。勤務時間や人間関係、給与や残業、求められるスキル、やりがいといった部分を数え上げればきりがないので、どのように選んだらいいのかというのも迷うところですが、その中でもしっかりとコレが一番、コレが二番というようにある程度は選択の基準を用意しておき求人案件を選ぶという事はとても大切です。