看護師の面接採用担当者は何を考えてる?本当の目的とは

採用担当者が何を考えているかを知ることができたら、いいですよね。

「面接の時には何をアピールしたらいいかわからない」
「どんな自分の経験を話せばいいのかわからない」
「受かりやすい人が話してることとは・・・」
「そんな疑問が重なるち不安になってしまいますよね。」fukidashi_tensyoku_woman

特に面接の時なると緊張度が上がるので
話したい事も話せなくなってしまうかもしれません。

そこであなたは事前準備をするとおもいます。

看護師の採用担当者が何を考えているかわかればとってもいいのに。。。

コレに対しては
「採用担当者が最も重要とする目的はなんだろう・・・?」
ということから紐解いていくとうまくいきます。

看護師採用担当者の頭の中、採用の真の目的とは・・

『ここで考えたいのが採用担当者がそもそも人材募集をかけて人を採用する』

理由をや目的は何でしょうか?
これを採用担当者が採用の際に
「失敗したっ!!!」と思う時のことを考えてみましょう。

採用担当者は

・採用した社員がすぐに退職してしまったり
・採用した看護師が期待通りの働きをしてくれなかったり
・せっかく雇った看護師が結局やる気もなく仕事への文句や不平ばかり言って・・・

こういう状態が一番人材採用者が「失敗したっ!!!」
と思って悩む点です。

どの病院や企業も好き好んでこんな状況作っているわけではありませんがsyukatsu_mensetsu
これらは多くの採用担当者がよく直面する問題です。
「履歴書や経験スキルや資格は申し分ない状況だと判断したのに」
「面接した時は本当にいい感じの人だったのに」

『なんでこんなんなってしまったんだろう』という感じです。

このように失敗をして、
人材を採用してしまったという経験が採用担当者にはあります。
つまり実際に働いてみてもらった後
に期待と違う働き方後になるとその間のギャップにね悩みます。

”これが採用担当者の悩みです。”
採用する側も半ばいい人が来てくれるといいなと
運に頼るところもありますが、
当然失敗をを出来る限り回避しようと、
面接時には将来どのように働いてくれるかという見込みを立てます。

採用担当者はいい人が来てくれないと思っている人はとても食います
人材の採用がなぜかうまくいかない
採用者と面接を受けるものがミスマッチになっている状態です

 

このミスマッチが働き始めた看護師がすぐ辞めてしまう理由です

働き始めても気持ちが乗らず仕事にも身が入りません。

そして結果的にこの面接や人材の採用というのは失敗に終わった

そもそもなぜ人材を採用するのかというところに一度戻ってみましょう。

 

人材を採用する目的は一体何でしょうか?
人手不足を補充するため?
欠員補充?

これらも目的の一つであるには変わりありません
しかし人材を採用する。真の目的は自分の病院や費用に見合った看護師を採用しその寛子氏とともに病院を成長させることです。

これは新卒採用であろうか中途採用であろうが同じことです。

逆にこの真の目的を忘れてとりあえず人数だけを確保しとけばいいという意識で採用担当者が考えると失敗するのです。

この失敗をしないために採用担当者は人の注意を払います。

採用担当者が考えそうな内容を箇条書きにしていく

このような背景があるので面接を受ける看護師が準備することは

「自社に合う人材を採用し会社を継続的に成長させる」人材とはどんな人と考えているかがポイントになります。

継続性と病院の成長に関わるポイントを見極めるには

  • どんな人が働いているのか
  • 病院経営の理念は
  • 募集ページには何を重点的にアピールされているのか
  • 過去にどんな人が採用されたか

といった点を出来るだけ箇条書きにしてまとめることです。

頭の中で想像するのも良いですが、

  • 求人広告
  • 転職エージェントに意識した質問をする
  • 実際の病院訪れ、行っている間もします表情や患者さんの評判も聞いてみる
  • 病院のホームページにあれっている理念を確認する
  • 口コミをインターネットおよび知っている人がいれば聞いてみる

といった、情報から拾ってくるのも良いでしょう。

不安な面接にしっかりとした準備をして、自分に合った職場で働く

magnifier2_nurse働いている間に何も不満もなく完璧な職場というのおそらく見つかりません。
ただ自分にできる限りある合っている職場を探すということは非常に大切です。

そしてその病院や職場に出来るだけ受かりたいものです。

気持ちよく働き、
『辞めたいまた転職したい・・・』
という気持ちにならない自分の将来を
設計するためには採用担当者の目的を理解し
それに対する答えを整理するということが有効です。

中高年看護師としての復職、年齢は関係があるのか?

oubo

  看護師としての復職環境を味方

 

  仕事は体力だけではなく若い人にも負けない力を活かす

一度職場を退職してからの復職、現場でもう一度やっていけるのかという不安を全く覚えないというひとは少ないのではないでしょうか。

奮起して求人に応募しようとしても、断られた経験が一度二度と重なるとそれが、自信喪失につながり、就職活動がしにくくなるという悪循環に陥る事もあります。

看護師だからできた復職、そのメリットを活かす

神奈川県在住Sさんの体験談なやむ

難しい求人選びに立ち向かおうとしています。

一時よりも求人は増えているような感じがします。

もう歳も40代なので、パートで応募しても、履歴書読んでくれた?と思わんばかりの早さで不採用通知と一緒に履歴書返されたりして

なんど自分を否定されてるような気分にさせられたことでしょう。しかし私は今、さらに過酷な世界へ飛び込もうとしています。

目指すは40代後半にして正社員です。なんのスキルも経験もないもしなかったら、一般企業での正社員はまず無理でしょう。

しかし幸いなことに今仕事をしているのは看護師です。看護の世界では中高年歓迎という求人も多いのがありがたいところです。

とはいえやはり体力的には若い人たちにはかないません。しかし私が看護の世界で働いて感じることは若いだけでいいのかというものでもないと思いました。

働く年代年代がそれぞれの味を出せるのが、看護の世界であるような気がします。それをわかって採用してくれるところがきっとあるはずと信じて

求人選び励んでいこうと思っています。

高齢化社会という社会状況は決して良いものではありませんが、看護師として復職するにはメリットとなる環境とも言えそうです。

看護師の退職。『辞める』『職を見つける』どちらが先か

  『辞める』 ⇒ 『職を見つける』 or 『職を見つける』 ⇒ 『辞める』

病院を辞めてから、仕事を探し始めるのか。若しくは先に転職先を探してから辞めるのか。という問題は非常に難しい一面があります。仕事と仕事の間に時間が空きすぎれば日常生活の金銭面で苦労をすることになりますし、その反対に仕事の開始時期の調整に失敗すれば働いていつ現場と転職先に迷惑がかかる事になります。

また思い立って直ぐに辞める事ができない現実もあります。

仕事としながら求職活動をする難しさは三重県在住のAさんの経験談でも読み取れます。

なやむ三重県在住のAさんの経験談

仕事を持ちながら次の仕事を探すのは意外と難しいものです。
一般的には退職する1ヶ月前には、退職の意を伝えなければいけない職場が殆どです。
私が勤めていた職場は3ヶ月前に申請だった為、良い転職先があってもすぐに辞められないのでチャンスを逃す結果となっていました。
募集している側は、すぐにでも勤められる人を希望しているところが多い為です。
退職を決意し、私の後任として新しい人が入社し、引継ぎ開始。
引継ぎ期間は約1ヶ月でした。
こう考えると辞める人からの引継ぎ期間を考慮しても3ヶ月は長い様な気がします。
結局、退職日から遡って残っている有給休暇を取得し、最終勤務日以降に転職活動を始めました。
保険の関係などを考えると退職日の翌日から転職先に所属したかったのですが、やはり無理な話でした。
面接時に退職の申請期間など聞く事は、まず出来ませんから仕方のない事なんですけど。
転職はタイミングと縁です。
採用されなかった場合は、良い意味で縁がなかったのだと思います。

 

退職前の報告・連絡・相談(ホウレンソウ)

 

次にうまくいった解決策の例です。

ふつう埼玉県在住Bさん

仕事をする時に、ほうれんそうという言葉があります。それは報告、連絡、相談です。そのことについて、仕事をすればするほど、大切なことだと思うことができます。特に上司になった時に、そのことをとても感じることができました。
それは、仕事の進行状況やトラブルについて、絶えず把握しておく必要があるからです。そのためには、相談をしたり、してもらったり、こまめな報告をしてもらうことが大切となってきます。
そのためには、報告をしてもらうことが大切ということを、部下に対して常に意識をして、話すようにしていました。そして、私が上司に対しても、そのようにしていると、部下も同じように報告をしてくれるようになったのです。
そして悩んだとき特に退職の時は、報告をすることが大切だと思っています。悩んで自己判断で報告をしなかったとき、重大なことが起きたりするものです。
そのことから、報告をすることの大切さを、仕事をすればするほど身に染みてわかったことでした。

特にそれが必要となるのが退職を考える時なのかもしれません。

 

看護師の退職。『辞める』『職を見つける』どちらが先か

  『職を見つける』 ⇒ 『辞める』 + 『報告・連絡・相談』を同時並行で

難しい問題ですが、結局は辞める前に『職場を見つける ⇒ 転職』までをどこまで綿密に詰める事ができるかという事がポイントになりそうです。Aさんの様に自分が就職したい職場があってもすぐに来て欲しいという条件がつくケース。そこに転職したいという場合はBさんの様なホウレンソウが有効です。

退職してから貯金もありゆっくりと転職活動ができるという場合は、短期や単発の仕事を間に入れ求職活動をするのも良いと思います。しかしあまり間が空いては困る場合は求職活動と話し合いを同時並行、また現場とのホウレンソウで上手くやるのが上策です。