看護師の再就職のしやすさと復職への求人募集選び

  看護師 x 再就職 ⇒ 

sagasu

看護師資格を保有していて且つ働いていない看護師は潜在看護師と言われていますが、その中でもどの位の人が再就職を考えているのでしょうか。「潜在ならびに定年退職看護職員の就業に関する意向調査」では再び看護職として働きたいと考えてる人は77.6%にも上るというデータがあります。

約8割程の看護師資格を持つ人が再就職をあしたいと考えているという事にもなります。再就職をしたいと考えている人が離職理由はさまざまです。それと同時に再就職を望む理由も異なりますよね。もう少し詳しくみていくと、実際に再就職し復帰さひたい理由となるのは、

社会参加したいから 53.20%
看護職としてのやりがいを再認識したから 35.50%
子育てが終わった一段落したから 23.00%

といった理由で、ライフスタイルの区切りとしての、理由というよりも、働いて社会貢献しまがら自分のライフスタイルをもうう一度看護師としてスタートさせたいという人が多いのが印象的です。

看護師の再就職のしやすさ

看護師の質格は国内ならどこでも通用しますし、以前ほど看護師不足が大きく取り沙汰されていませんが、それでもほかの職種に比べるとかなり就職しやすい分野です。出産や育児でいったん職を離れても比較的再就職がしやすく、そんな事情が看護職員の既婚率を高めている背景とも言えます。

まだ子どもが小さいうちは子育ての時間と仕事の時間のバランスをとるために日勤で働ける診療所に勤める人もいますし、非常勤として短時問勤務から復職する人もいます。もちろんその中には病院や施設でで交代勤務を出来る範囲内でこなしている人もいます。

現場でのスキル ⇒ キャリア x 経験

再就職において時間的制約や、ライフスタイルで優先する事があれば全く希望どおりとはいかないですが、看護師としての資格とキャリアがあれば、さまざまな働き方ができることも看護職の魅力です。

他の職業では中々ない状況で再就職が希望であれば容易に選択肢はみつかるという職業かもしれません。ただし問題は医療の世界は日進月歩で知らないことが離職中に進むスピードが早いのは復職にとって、少しハードルになる事は否めません。

復職後は適応するまで苦労もあるでしよう。また、仕事と家庭の両立育児休業制度の利用状況には、配偶者や周囲の理解と協力がキモにもなります。そのことを心にとめて求人の選択をしていくといいのではないでしょうか。

今までの経験をどの程度活かす事ができるか、また自分の働きたい職場と周囲の環境、自分のスキルを求人を探すときには、コーディネーターやハローワーク等に相談して選んでいくという方法を使うのも客観的に判断できる1つの材料となります。

復職

看護師、訪問看護求人は復職に向いているか?

  看護師 x 訪問看護 ⇒ 。。。

dayservice

病院を一旦退職してから新しい職場を探す事において、多くの人がもう一度病院や施設での求人募集を選択肢を検討します。そんな影響の中、実際に看護師の病院での採用激化の影響を受けているのが「在宅医療分野」です。昨今では日本訪問看護振興財団の調査では1年間になんらかの理由で退職する看護師がいる訪問看護ステーションは全体の約半数を超える割合に至ります。

それらのなかには運営が難しい状態となり、看護師不足のために休止や閉鎖に追い込まれるステーションも出てきています。訪問看護ステーションを退職した看護師の転職先は多くが病院となっている状態です。

国大まかな方針としては高齢化社会に伴う医療費の増加を抑えるとい方針があります。そのため厚生労働省は急性期の医療を病院でまかない、長期入院を減らすのが目的となり、本来であれば在宅医療に移行させていきたいという流れをつくろうともあしています。

病院勤務や臨床経験が活きる訪問看護

しかし、診療報酬の改定が行われ7対1の看護を実現できない在宅分野での看護師不足が訪問看護ステーションといった分野の人材不足という悪循環につながるという逆の流れも生まれてしまっています。

在宅医療では患者さんとの距離が非常に近く、実際に家庭に出向いて自宅でのリハビリ指導や人工呼吸器の管理など医師と連携をとりながら健康状態を観察するといった事が主な業務になります。病院での勤務経験や忙しすぎて患者さんとの距離が遠かったといった人が臨床経験を活かす事で最もやりがいのある職場にもなりえます。

在宅医療分野は復職先としての候補にもなるであしょう。気になる点は先述の様に人材不足と労働環境がどの程度整っているかというところを予めしっかりとリサーチあしておく事です。結婚や出産を機に看護職から離れている人が看護職として復帰するのに臨床経験が活かせる在宅医療とも言えます。

復職

看護師在職中、妊娠した時は

  看護師 x 妊娠 ⇒ 報告 + 仕事の軽減 + 復職のプラン

ninshin

上司への報告の時期

妊娠が確認できたらできるかぎり早く上司への報告をすることが一番です。変に心配させたり業務への支障がでるのではと後回しにすると、何かと不都合が起きやすい可能性がでてきます。

兎にも角にも、上司への妊娠報告は可能な限り早くが原則です。妊娠してからの時間が経過体調が崩れやすく胎児の状態も不安定な時期に入っても行きます。早めに報告することにより周囲、同僚の協力や配慮を得やすくなり精神的にも無理なく仕事に取り組みやすくなります。

残業や夜勤をしなければならないか

残業や夜勤が辛いという状態が発生してくることが予想されるので、早めに相談することも大切です。基本的には労働基準法により時間外労働や休日労働、深夜業の免除を請求することが認めらりれています。また負担の少ない仕事へと配置転換を希望することもできます。

こういった措置が取れるのも撮ってもらえるのも早めに職場へ妊娠報告をしてあるからこそです。ぎりぎりで体調不良を訴えてから対応してもらうのではなく、無理のない時間を作る事もポイントとなります。

報告したら、産休制度はなく退職?

子育てや出産に理解の無い職場で勤務をしていますと、妊娠した時点で退職を促されるということもあるかもしれません。しかし、出産を理由に解雇することは法律により認められていません。ハローワークなど監督官庁に相談してみることで法律との基準の兼ね合いもわかります。

ただ実際には産休制度が整備されていない事業所かあるのも現実です。色々と自分で結論を出した結果、もし退職を考えているのであれば自己都合ではなく会社都合にしてもらえるよう相談してみることも後々重要となります。それは何故かと言いますと、退職金や失業手当などの条件が良くなる可能性があるからです。